top_s.jpg

私たちは循環型社会の不可欠な歯車になれる会社を目指しています。
そして廃棄物処理業者から「モノづくり」の会社へ転換します。
リサイクル可能な95%の廃棄物を、単なる焼却処理だけでなく環境負荷の低い手段により資源化することを念頭に関係機関と技術研究開発を行っています。

循環型社会とは、できるだけごみの発生をおさえ、出てしまったごみはリサイクルすることで、再び生活にもどす仕組みのことです。

一方、生活スタイルの基本原則は

「ごみになる物、ごみの発生する物を買わない」「余分な物を買わない」「必要以上に買わない」「最後まで使いきる」「壊れても修理して使う」「使い捨てをやめ、できるだけ長く使う」

であり、不変なものであると認識しています。
私たちは、迷うことなくごみ減量からできる環境保全型の企業活動及び職員教育を進め、地域に認められる企業を目指します。